レーシック手術の費用は保険適応しているのか

レーシック手術ランキング > 保険は適応はできるのか?

レーシック手術は保険が適応されるのか?

レーシック手術は健康保険の対象になるのか

 レーシック手術とは、視力矯正手術の一つとして選ばれる方法です。1回の手術費用が高額になるため健康保険の適用や生命保険の通院保険金などが降りるかなどが気になるところです。レーシック手術を提供する眼科では、ほとんどが保険診療をせず自由診療の範囲での手術を行っています。眼科そのものが保険診療医でなければ健康保険を適用することができませんし、クリニックが自由診療という設定をしているのであれば保険診療位のもとでの手術でも健康保険を使うことができないので気をつけてください。

 生命保険に関してなのでは、生命保険会社各社で適用がまちまちです。かなり昔に加入したいた生命保険ではレーシック術の関する入院・通院・手術にかかる給付金が発生する商品もありましたが、この数年内に出た商品では、レーシック手術が適用対象外である商品が多くなっています。加入している医療保険があれば、お手元の約款を確認されるか、保険会社に確認をされることをおすすめします。ただし、古くから加入している医療保険でも、約款の変更によってレーシック手術が対象外になっていることもありますので、事前に確認をされると良いでしょう。

 1年間に病院に支払った医療費が10万円以上になれば、税務署に確定申告書を提出することで医療費控除を受けることができます。レーシック手術に関しては、医療費控除の対象になりますので、領収証は大切に保管をし、翌年3月に行われる確定申告において医療費控除を申請しましょう。10万円に満たない手術費用でも、1年間に医者の診療を受けた費用が合算で10万円に届けば控除の対象になります。