レーシックをもっと詳しく紹介

レーシック手術ランキング > レーシックとは?

レーシックの歴史・手術の方法について

レーシック手術はいつごろから始まったの?

 レーシックとは、角膜屈曲矯正手術の一つとして今や多くの患者が治療を受けています。「Laser Assisted in Situ Keratomileusis」の頭文字を取った言葉がその語源です。角膜にレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変更するという考え方の元で成り立っています。1990年代にアメリカから広まった手術法で、日本では2000年に入ってから厚労省の認可が下り、多くの専門クリニックが軒を連ねるようになりました。レーシックの手術の仕方は、角膜の表面を薄くそぎ、蓋状のフラップを作成します。フラップをめくり上げ、虹彩に向けてレーザーを照射します。その後フラップを元の位置に戻すことで手術は終了します。フラップ作成で角膜を薄く削ることで角膜の曲率を下げますので、視力矯正につながるのです。

 乱視が強い場合は矯正が難しいとされていますが、強度の近視の場合、裸眼で生活できる程に視力矯正が見込めます。手術自体は30分程度で終了しますが、安静期間が求められます。また視力が完全に回復するのは1週間~1ヶ月程度です。早い方では手術翌日に視力の回復を実感しているようです。レーシックの手術法はこの1種類なのですが、使用する機器が変わることによって、手術の精度や質が格段に向上します。

 一番オーソドックスなものでは、エピケラトームと言う電動ナイフを使ったフラップ作成術を取るレーシックです。医師の技量が求められますし、フラップ作成の際に角膜に定着できない切り口を作ってしまうことも考えられます。レーザーメスを使ったフラップ作成を行うイントラレーシックは今では視力回復手術の主流で術後の創傷回復力が高い、視力も高く得られると評判です。