レーシックの種類について紹介

レーシック手術ランキング > レーシックの種類

近年のレーシック手術の主流についても紹介

レーシックの種類はいくつもあります

 一口にレーシックといっても様々な種類があります、レーシック専門クリニックでも様々なレーシックメニューが有ってびっくりされたことでしょう。レーシック手術にはいくつか種類があるので先に知っておくと良いでしょう。まずは、一般的な「レーシック」はマイクロケラトームと言う電動メスを用いてフラップを作る方法を取ります。医師の技術が必要になりますが、一番安価に手術ができる方法です。

 このところ主流なのは、「イントラレーシック」という方法です。フラップを作成する際にイントラレーザーというものを用います。イントラレーザーはコンピューターで全て制御されているので、角膜を薄くそぎ取り、ズレも最小限に抑えることができるフラップを作ることができます。また、コンピューターで制御されているためマイクロケラトームを用いるというような医師の技術はほぼ関係なく、安定した安全性を確立できています。また、「アイレーシック」という手術も一部のレーシック専門クリニックで行われています。

 先述のイントラレーシックとほぼ同様の手術法なのですが、使用する機器の組み合わせと症例数によってこの名称を使用することが制限されています。アイレーシックはコンピュータの完全制御で精度をより高めた手術を行うことができます。角膜上の屈折率を計算しピントが角膜上で合うようにレーザーを照射しますので、多くの方が視力を得ることができたと言う高い結果を残しています。これらのレーシック手術は取り扱いがあるクリニックが異なります。また、イントラレーザーを使用するイントラレーシックは最新機器から従来機、旧型機種など様々な機器があります。この使用機器によっても手術費用がガラリと変わってしまいますので、注意が必要です。