レーシック手術は本当に安全なのか?

レーシック手術ランキング > レーシックの安全性

レーシックの気になる安全面について

安全性が気になるレーシック手術についてアドバイス

 レーシック手術を行う前に情報収集をしていると「レーシックで視力が落ちた」などというクチコミを目にすることもあります。レーシックが主流になり始めたのはこの数年間。レーシック手術自体は10年あたり前から日本で始められています。世界中でも数百万人にも上る患者が同様のレーシック手術を受けており、安全性に関しては問題ないことが関係機関から報告されています。症例を多く取り扱っているクリニックを選ぶこと、最新鋭の機器を取り入れているクリニック・医師の診察が入念に行われるクリニックを選ぶことが一番であると言えるでしょう。

 レーシック手術をする際に失明のリスクはほとんどありません。手術前のカウンセリングの際に、安全性などに関しては質問をしたりリスクに関する説明を十分に受けましょう。レーシック手術が主流になりかけた頃、レーシック専門クリニックで集団で角膜に異常を来したと言う事件が発生しました。この場合は、クリニックの安全体勢が確立されていなかったこと、十分に滅菌・消毒されていない機器を用いて角膜手術を行ったことが原因としてあげられました。レーシック手術そのものが角膜異常の原因ではないことは覚えておくと良いでしょう。

 また、手術後の生活で目をこすり過ぎたり、激しい運動を行うなどが原因で削ったフラップが外れたり、目に炎症を起こしてしまうことが懸念されます。術後の指導をきちんと守り、手は清潔にしておきましょう。少しでも違和感を感じるようになったら即クリニックで診察を仰ぐようにしてください。